« 派生リスクとは? | トップページ

2017年8月21日 (月)

見えないリスクは管理できない

本日は「残存(留)リスク」について説明したいと思います。

残留リスクとは、文字どおり「残っているリスク」のことを言います。
残っているリスクとは・・・
  • 認知されていないリスク
  • 認知はしているものの対策を講じていないリスク(保有リスク)
  • リスク対応後に残るリスク
という言い方もされています。

※国際標準規格に合わせるため、以下、残存リスクではなく「残留リスク」と明記します。

実務上、特に注意が必要なことは、ある問題を解決するために、学校として手段を講じたものの、この問題に含まれる他のリスクを認知して対策を講じることができなかったことから、このリスクが大問題になってしまうようなことです。

たとえば、いじめ問題があり臨時保護者会を開催する学校では「保護者会が紛糾する」というリスクを避けたいはずです。
その対策として、想定問答集を作ったりするわけです。

そして、この想定問答集が機能すれば、保護者会の紛糾リスクが低減するため、特に問題なく保護者会が終わることもあると思います。

しかし、このような学校でも保護者会後に大問題に遭遇する場合があります。
臨時保護者会の2日後、あるマスコミから学校に連絡があり、保護者会で学校が配布した書類を入手したので、その書類が本物かどうか確認してほしい、との依頼があったのです。

配布した資料には想定問答で回答した内容が一部に明記されています。

この学校は配布した資料が「マスコミに漏れた場合に問題になる」という残されたリスクを認知できなかったのです。

これが残留リスクです。
学校がこのリスクを認知できなかったことから、学校が配布した資料の内容がマスコミに漏れて、結果的に・・・、

  「やはり責任逃れの保護者会。配布資料入手」

という内容が週刊誌に掲載され、再び焦点があたってしまったのです。


繰り返しますが、保護者会は紛糾しなかったにもかかわらず、です。


もし、事前にこのリスクを学校が捉えていれば、資料を配るか否かの判断や、配る場合でも、その内容について、批判を避けるための内容に調整できたはずです。

臨時保護者会には把握しにくいリスクが他にもたくさんあります。

経験上、一番多いことが、本題に関係のない学校への不満です。

たとえば教員の不祥事が問題となり、臨時保護者会が開催された場合でも、うちの子は2カ月前に友人から怪我をさせられた、1週間前に担任に厳しく注意されて子どもが落ち込んでいる・・・等。

こういった保護者会の本題に関係のない事も残留リスクとして認識しておくと、臨時保護者会の想定問答集に事前に盛り込むことができるのです。

学校には様々なリスクがありますが、対策を講じるときには、「残留リスクはないか?」ということを、是非考えてみてください。


« 派生リスクとは? | トップページ